病気のおはなし

長引く咳

咳・痰・熱など、カゼのような症状が、長く続くことがあります。またカゼが治ったあと、咳だけが長く続くことも、よくあります。そんな時、どうすればいいのでしょうか?
症状が2週間以上続く場合には、呼吸器内科を受診しましょう。咳が長引く場合にこわいのは、肺癌や肺結核です。エックス線検査が必要です。あとは必要に応じて血液検査や痰の検査をおこなうことになります。

百日咳という病気もあり、子どもの病気と思われていましたが、最近では大学生など成人でも時にみられます。百日咳に効く抗生物質を使用しますが、長期間しっかり治療を続けることが必要です。

カゼのあと、咳だけが長く続くことがあります。これに対しては、漢方薬が有効なことが多く、当院では漢方治療をおすすめしています。

このほか咳が続く原因はいろいろあります。気管支喘息、副鼻腔炎(ちくのう)、鼻炎、薬剤の副作用、意外なところでは逆流性食道炎など。市販薬などで様子をみてもよいのは2週間までです。それ以上咳が続く場合は、専門医を受診してください。

082-241-6836(代表)

和平会・診療についてのお問い合わせはこちら
平日午後(診療時間内14:30~18:00)

082-249-8668(在宅)

すでに当院で在宅診療を受けられている患者様は
こちらからご連絡ください。