ブログ

病室でビールOK

タレントの草薙さん、飲酒で、やってしまいました。
酒は飲んでも呑まれるな というように、
楽しく適量をたしなみたいものです。

ところで、病人にとって、アルコールはどうでしょうか?
通常の患者は、入院中の酒・タバコが体に良くないのは当然です。
タバコは病院敷地内 全面禁煙の病院が増えてきましたし、
入院中に飲酒すれば強制退院となります。
どうしても飲酒したければ、外泊して自宅で、となりますが、
それが可能なくらい元気な病状であれば退院できますしね。

しかし、癌など、末期状態にある人にとっては、どうでしょうか?
長く入院されていた方が、 「あー、ビールが飲みたい・・・」。
健康な時は、晩酌の一杯が非常に楽しみであった、と、
昔話といっしょに、今の願いを語ってくださるのです。
しかし、とうてい外出や退院できるような病状ではない・・・。

少量のアルコールは、食欲を増進したり、睡眠をとりやすくしたり
プラスの効果もあります。
私は、こうした末期の患者さんで個室に入っている方については、
飲酒の希望があれば許可していました。
15年前からのことです。
アルコールの害よりも、効果のほうが大きいと考えたからです。
寿命があと数日~数週間の人に対して、飲み物・食べ物を制限する
理由は全くない、と。
まさかビールが許可されるとは思っていなかった患者さんや御家族は
とても驚き、喜んで、そして一番小さなサイズのビール缶を用意されます。
そして翌日 みなさんそろって感謝の言葉を述べられました。
「先生、ほんとうにありがとうございました。」
私が今 緩和ケア医となっている原点のできごとの一つでもあります。

しかし、まだ多くの病院では、入院中の飲酒は禁止されています。
病院 というのが、集団生活の場 である以上は、
規律を保つということも ある意味大切なことでもあります。
大きな組織では臨機応変とはいかない場合もあり、仕方ないことです。

自宅であれば、こういった制限は全く気にしないでよくなります。
寝るのも起きるのも、何を何時に食べるのかも、
そして何を飲むのかも、いつもと同じようにできます。
他人のペースを気にせず、自分の思うように生活できます。
今では、自宅で酸素吸入もできます。点滴注射もできます。
入院中と変わらない医療の提供ができる環境が実現できています。
在宅医療はどんどん進歩しています。
かつての患者さんたちは、今ならきっと「家に帰りたい」と言うことでしょう。

あなたの希望は、何ですか?
あなたの希望を私たちにお伝えください。
あなたが最期まで自分らしく生きること、を支援します。

写真は『フラワーケーキ』と呼ばれるアレンジです。
カーネーション、バラ、ロウソク
DVC00046cake

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です